制酸剤(胃炎のくすり)にご注意! 

制酸剤(胃炎のくすり)にご注意! 

久々に西洋医学の話です。ガスターなどの制酸剤を飲み続けて、胃の検査を受けていない方は、注意してください。
いわゆる制酸剤では、物理的に胃や食道に解剖学的な病変が存在するにもかかわらず、マスキングという、症状のみを抑えてしまう現象が起こります。この場合、病状は回復したようにみえるので、油断してしまうことが起こりやすいのです(よほど症状が進行してこない限り、癌などの病気も見逃されてしまいます)。
制酸剤を多用されている方で、1回も内視鏡検査やバリウムの検診を受けていない方は、早めにお近くの消化器の先生で検査を受けて下さい(当院でも鼻からできる細い内視鏡検査をやっています。ご希望在れば来院時に、声をかけて下さい)。お願いします。

著者について

管理者

管理者 administrator

コメントを残す