冷え症と鍼治療

冷え症と鍼治療

最近はずいぶん温かくなってきましたが、この天気でも、まだ冷え症の症状を訴えてこられる患者さんがいらっしゃいます。お薬や食事療法で冷え症を何とかしようと、あの手、この手で治療していますが、中には、なかなか体が温まって来ない方もあります。薬の量もあまり増やすと、このような方は、胃腸が弱いため、なかなか治療が思うようにいきませんでした。また、自費の特殊な生薬を使って、体を温める方法もありますが、それなりに煎じ薬となり、面倒なのと、経済的な問題がでてきてしまいます。
そんなこんなで、鍼治療を最近併用し始めるようにしました。鍼治療は、比較的結果が早く出るため、なかなかわかりやすい治療方法かもしれません。温まらない方の多くは「気の巡り」が悪くなっている方が多いため、気の巡りを速効でつける、鍼治療は、漢方と併用することで治療効果が上がると考えています。なかなか時間がないと、鍼治療を通常の診察枠で併用するのは困難ですが、症状の強い方には、できるだけ行うようにしています。
鍼治療を併用でご希望の方は、診療時間をあらかじめ、お問い合わせの上、ご来院下さい。

著者について

管理者

管理者 administrator

コメントを残す