処方薬の流用は危険です!ご注意を!

処方薬の流用は危険です!ご注意を!

他院で処方されたお薬や,当院で処方されたお薬は,それぞれ診察された先生が,その患者さんの体質等も考えて,通常は処方されますし,私もそうしています.患者さんご自身と同様な症状でも体質や,既往歴などがある場合には,使えない,使うと危険な場合のある薬も当然処方されます.従って,薬を他人(ご家族に飲ませたりすることも該当します)に流用されることにより,思わぬ副作用や,取り返しのつかない事故が発生する場合もあります(この場合には,当然流用された方に,医師法違反などの法的な責任が発生してしまいます).必ず,担当の先生の診察を受けた上で,「医薬品として処方される薬」はご使用お願いいたします.通常,ドラッグストアなどで扱われてる,だれでも買えるような薬は,あまり副作用の強いものはないため,流用しても,それほど大きな問題はありませんが,「医薬品」として使用される薬は,それなりに劇物なので,別格です.ご注意お願いいたします.

著者について

管理者

管理者 administrator

コメントを残す