杉茶

杉茶

最近,お茶の話の質問がよくきます.先日も,ある患者さんより,次のようなメールが屆きました.
「20代から、かれこれ40年間,花粉症に悩み続けてきました。4~5年前から杉の葉、はと麦、ハブ茶をブレンドした「杉茶」をこの季節に飲んできました。その所為か症状が大変軽くなっています。体を冷やす飲み物は避けたいのですが,この杉茶は飲んでも冷えないでしょうか?」
このお茶は,ブレンド茶のため,一概には断定できませんが,各成分の特徴は,下記の通りです.
【杉木】辛,微温 駆お血作用.【禁忌】不可久服和過量.虚人禁服.
【鳩麦,薏苡仁】甘,淡,微寒 冷やして,余計な水分を処理する働き.
【決明子,ハブ茶】甘,苦,鹹,微寒 清肝益腎,祛風明目,潤陽通便
この患者さんの場合,腸内細菌叢の乱れがあり,この「杉茶」で,ある程度,腸内細菌の異常発酵が抑えられたため,うまく花粉症が制御できているのだと考えられます.成分からは,やはり,少し冷やす傾向のお茶のようですね.たぶん,ルイボスティーと同様の効果があるものと考えられます.特に,体の弱い方は,長期の服用は,あまりお勧めできないようです.その反面,お酒をよくお飲みになられたり,甘い物が好きな方には,ある程度の効果が期待できそうです.

著者について

管理者

管理者 administrator

コメントを残す