アトピーとかび

アトピーとかび

以前より診察していて,患者さんの症状により,私が気づかされたことがあります。「調子が悪い」といって,私の外来にいらっしゃる方の2/3は,お腹にガスが溜まっているのです。初めは,「単なるガスのたまり」としか考えていなかったのですが,どうも,この「ガスの溜まり」が,いろいろな症状を起こしてくるようです。その1つにアトピーもあります。お腹の中の「悪玉腸内細菌」や「かび」の異常発酵により,発生してくるガスのようで,漢方治療で腸内細菌のコンロトールをしてあげると,徐々に症状がよくなってくるのです。悪玉菌やかびが分泌する毒素が,どうもわるさをしているようで,この毒素により,アトピーのようなアレルギー反応や喘息,慢性鼻炎などが引き起こされてきます。また,この毒素は,交感神経の緊張も引き起こしてくるため,自律神経症状が次々とでてくるようです。この考え方は,すでにアメリカで「イーストコネクション」と云われている,1980年代に発表されたものであることが,最近わかりました。この,毒素の発生源である「悪玉腸内細菌」や「かび」の餌が,甘味,フルーツ,酒となります。
アトピーの治療は,摂取する物で劇的に改善してきますので,ぜひ薬のみに頼らず,自分で克服するよう努力してみてくださいね。

著者について

管理者

管理者 administrator

コメントを残す