「炭水化物制限食」で糖尿病を乗り切りましょう!

「炭水化物制限食」で糖尿病を乗り切りましょう!

現在,当院で取り組んでいる「炭水化物制限食」で糖尿病を治療されている患者さん方が,皆さん,次々に良くなってきています!
私も最近,患者さんと会うのが楽しくなってきました\(^O^)/\(^O^)/\(^O^)/.
インスリンを打たれていた方も,インスリンの注射量が徐々に落ちてきています.
この調子で,皆さんがんばってくださいね.

疲れているときの食事の取り方

このブログを見られている方で,入院されたご経験のある方はいらっしゃいますか?
私の研修医時代には,お金もなく(今もあまり当時と状況はかわらないのですが(^_^;)),手術の合間に,病院の職員食堂で食べるお昼ご飯が唯一の楽しみでした.そのお昼ご飯は,病人食で,なんとも元気な若者には,お腹に力が入らなそうな,すぐお腹が減りそうな食事ばかりでした(*_*).病院もお金がないのか,こんなところで,節約しているのかと,若干腹立たしくなることもしばしば(-.-#).と,思っていたのですが,今考えてみると,あの病人食にも一応,理由があったのが,後でわかったのです.
私たちが生活している中で,意外に変な勘違いをしていることがままありますが,食事のことでもちょっと考えてみるとおかしいことがあります.私たちは,仕事などでくたぶれたりすると,「栄養のある物をとって,元気になろう」という,「変な理屈」が頭の中をよぎります.この考えが正しければ,病院で出される食事は,毎日ステーキやウナギ,はたまた,すしなんかが出てきても,おかしくはないのですが,病院でそのような食事をだすところを見たことがありません(たまに,ホテルのような料理を出す病院があるようですが,例外的なものと考えた方がよさそうです).もちろん,そんなお腹に重い物を出されたら,患者さんは,消化吸収できないからです.食事は,口の中に入れれば,すべて身になるのではなく,肉がすぐに肉になるのではなく,まず,体に吸収されるためには,分解される必要があります.その分解に,実は,相当なエネルギーを生体は使います.なので,重い物を食べると,くたぶれるのです!決して,元気が出る状態にはなりません.皆さんのご経験でもあると思いますが,夜,たらふく食べた後,翌朝,体が妙に重たく感じたことはありませんか?この状態が,消化にエネルギーを使ってしまった状態です.
つまり,病気の時や,体が疲労しているときには,ステーキではなく,おかゆのような,すぐに,体が吸収できるようなものを,お腹に入れた方が,早く回復するのです.同様に,疲労しているときには,もちろん,免疫機能が低下していますから,できるだけ,「外食」や「さしみ類」は避けた方がよさそうです.どちらも,お腹に重いものですし,感染する機会が増える傾向があります.
最近,私の外来にも,「食あたり」の方が増えてきています.特に,疲労して,お腹に実力以上のものが入ったときに起きているようです.
というわけで,疲労したときには,お腹に優しいものを「少量」入れてください.元気になったら,ステーキでも,なんでも食べてくださいね(^o^).

診療時間変更のお知らせ(日曜診療,祝日診療,休日診療あります)

研究会参加のため,下記診療時間の変更となります。ご了承ください。
7月12日(木曜日)16:00までの受付となります。
7月19日(木曜日)と7月22日(日曜日)は午前10:30までの受付となります。
なお,当院の夏休みは,8月5日から8月7日までとなります。
お盆は,開けておきますので,体調のすぐれない方は,ご利用ください。

アトピーとかび

以前より診察していて,患者さんの症状により,私が気づかされたことがあります。「調子が悪い」といって,私の外来にいらっしゃる方の2/3は,お腹にガスが溜まっているのです。初めは,「単なるガスのたまり」としか考えていなかったのですが,どうも,この「ガスの溜まり」が,いろいろな症状を起こしてくるようです。その1つにアトピーもあります。お腹の中の「悪玉腸内細菌」や「かび」の異常発酵により,発生してくるガスのようで,漢方治療で腸内細菌のコンロトールをしてあげると,徐々に症状がよくなってくるのです。悪玉菌やかびが分泌する毒素が,どうもわるさをしているようで,この毒素により,アトピーのようなアレルギー反応や喘息,慢性鼻炎などが引き起こされてきます。また,この毒素は,交感神経の緊張も引き起こしてくるため,自律神経症状が次々とでてくるようです。この考え方は,すでにアメリカで「イーストコネクション」と云われている,1980年代に発表されたものであることが,最近わかりました。この,毒素の発生源である「悪玉腸内細菌」や「かび」の餌が,甘味,フルーツ,酒となります。
アトピーの治療は,摂取する物で劇的に改善してきますので,ぜひ薬のみに頼らず,自分で克服するよう努力してみてくださいね。

アトピーとプール

先日,アトピーの治療を漢方で行っている患者さんで,だいぶ改善されてきたなー,と安心していたら,突然,急激に,「じくじく」した症状が悪化してきたといって,患者さんが,再来されました。よく聞いてみると,学校で,プールが始まってから,悪化したとのこと。皮膚も,アトピーの皮膚炎にしては,炎症所見が強すぎ,どうも,細菌感染を併発しているような様子でしたので,抗生剤を飲んでいただいたところ,急激に改善してきました。
やはり,プールで感染を起こしたようです。アトピーをお持ちの患者さんでプールや海で過ごされた後は,よくシャワーを行って下さい。いつもと違って,症状が急激に悪化する場合には,細菌感染している可能性もありますので,いつものかかりつけの先生に,すぐに,御相談して下さい。「すぐに」という意味は,細菌感染では,症状が急激に悪化し,重症化する場合が多いためです。ご注意ください。

「メタボ」でも食べれるお菓子(パート2)

前回ご報告した,「メタボ」でも食べられるお菓子の試食用サンプルを業者の方にお願いして,少し分けて頂きました。ご試食をご希望の方は,当院受診の際にお申し出ください。お分けいたします。

「メタボ」でも食べられるお菓子の話

「糖尿病」や「メタボリック症候群(いわゆる肥満症)」の方でも食べられるお菓子があります。ダイエット中の方も必見!
以前にご紹介した糖尿病の本の中にも出てきますが,大豆粉を使用してつくられたカステラ様のお菓子があります。近日中に,試食ができるように致したいと思います。ご希望の方は,来院時にお問い合わせ下さい。また,将来的には,このブログからオーダーサイトにリンクをはり,ここにいらして頂いた方が直接購入できるようにしたいと考えています。
本日試食させて頂きました。通常のお菓子に比べると,満足できるほど,こってりはしていませんが,妥当な味に落ち着いています。治療中の方のお菓子としては,無難なところだと思います。

認知症の問題行動,小児の発達障害

今日は学会2日目です。本日の発表では,認知症に対する漢方治療で,比較的印象深い発表がありました。認知症といっても,いくつかのタイプがありますが,いずれにしても,漢方薬を使用することで,認知症の問題行動(認知症そのものよりも,介護する方にとっては,こちらの認知症に伴う問題行動の方が大変だと思います)の改善に効果のある報告例が紹介されていました。当院でもすでに,認知症患者さんに同様の処方を内服して頂いておりますが,効果は,半々といったところでしょうか?ただし,安定剤のように眠くならないので,転倒したりせず,誤嚥もしにくくなり,それほど悪くはないと思います。
小児科領域では,発達障害児に対する漢方治療が報告されていました。興奮を抑えるような治療にて,改善効果を認めるとの発表がありました。現在,当院でフォローされている,この疾患の患者さんは,今回発表されているような,一般的に使用されている漢方薬ではありませんが,著効を示し,状態はよいようです。

安定剤のトピック

今日から,広島の漢方の学会に来ています。皆さんに,成果を還元できるよう,勉強してきます。
クリニックを休診してご迷惑をお掛けいたしますが,お許し下さい。
本日の発表では,西洋薬の安定剤の作用が,漢方の成分で,鎮静作用が増強してしまう可能性のあることが,報告されていました。私も,1例そのような症例を経験しています。
お車を運転される方で,眠気の来るおそれあります。ご注意ください。また,ご心配な方は,来院時に御相談ください。

水虫の話

だいぶ前の話になりますが,漢方の臨床症例集を読んでいたら,とある本に「水虫」の話が書いてありました.その本曰く,「水虫」は「酢」で治る,というのです.罹ったことのある方なら,わかると思いますが,これが,なかなか手強い相手で,かく言う私も,昔はよく悩まされておりました.いろいろ,水虫の薬をとっかえ,ひっかえ,使うのですが,その度に耐性菌が出てくるようで,なかなか根治しませんでした.「本当にきくのかな~?」と半信半疑で,「酢」を使ってみたところ,これがまた,劇的な効果あり.薬屋さんには,申し訳ないぐらいよく效くのです.やり方は簡単!「ガーゼ」ない方は,「ティッシュ」でOK!.食用の「酢」を少し,滴がたれてくる程度に浸して,患部に置きます.上から,ラップを覆い(家でやると「酢」の香りが充満するので,におい防止のためと,乾燥を防ぐためです),15分ほど,じっとしているだけです.たいしたことのない「水虫くん」なら1回で,ほぼ撃退.しぶとい,ちょっとヤンキーな「水虫くん」なら1週間,1日1回,テレビでもみながら,「酢」の治療をやってみて下さい.但し,若干,注意点あります.食用の「酢」には,アルコール入りと,アルコールが入っていないものと2種類でているようです.アルコール入りは,刺激性が強すぎますから,アルコール無しのものを使用してみてください.刺激が強い方は,少し,水道水で薄めると良いでしょう.慣れてきたら,原液をそのまま使用しても大丈夫だと思います.お試しあれ.